tweet

マルチバイト(日本語)表示も追加しました。IoT型電光掲示板(8)



前回の[IoT型電光掲示板]記事の続編となります、
マルチバイト(日本語)が表示できるように、全体的に修正してみました。

[概要]
クラウド側から、UTF-8文字をMQTTで送信し、
M2M側(MCU間の通信)は、16進数のUTF-8文字コードを送信
前回までの、
英数文字等に加えて、
ひらがな/カタカナ/記号/英数 文字の表示が可能
漢字(8 bit フォント)は、LPC1114のROM容量 上限を超えた為。
保存できませんでした。(次回の課題としたいと思います。)

*1) 通信データ増加の為、LEDマトリクスは最大2個目を上限
 スクロール表示遅延の為、3個目の送信処理を削除してます。
*2) 収集系プロセスは前回の天気/ニュースの記事と仕組みは同じ

# 動画
https://youtu.be/UP-hdZMoZrQ
*) マトリクス後ろ側の[ツリー飾り]は、
今回のデバイス制御と あまり関係ありません。

# Code
1) Fontライセンス:
今回 fontデータ(8 bit pattern)は、
「美咲フォント」を使用させて頂きました。(感謝です)
*) Font ライセンスについては、下記ポリシーに従う事としてます。
http://www.geocities.jp/littlimi/misaki.htm

2) UTF-8から、8ビットパターン変換
ADUINO系LCD制御の、utf-8関連のページを参考させて頂きました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mt_home/arduino/glcd_k/index.htm

3)配信系プロセス、全角文字への変換(python)
半角文字(英数)を、全角に変換して送信、
zenhanライブラリを使用。半角文字はMQTT配信しない仕様です。
>sudo pip install zenhan

4) GitHub
https://github.com/kuc-arc-f/dot_matrix_v2
 a) UART通信速度= 9600 です。
 b) MQTT, Topicは、Pub側、Sub側で合わせる必要があります。
 c)2台以上デバイスを接続する場合、
  Sub側でクライアントIDを重複しないように注意も必要です。

[mbed] LEDマトリクス制御 部分/UART通信(M2M側)
[arduino] IoT-デバイス側
[mqtt_pub ] python -MQTT配信機能(PUB)、クラウド, LAN内ブローカ側に配置。
https://github.com/kuc-arc-f/dot_matrix_v2/blob/master/mqtt_pub/matrixPub_8nwt/matrixPub_8nwt.py

#まとめ
MCU側(各マトリクス裏側)のROM容量の制限で
漢字の変換は、実装できませんでしたが。
今後も、より高性能なマイコンを探して
機能を拡張できたら良いかと思います。


#関連の記事
IoT型電光掲示板の製作、MQTT活用 (WIZ550io版)
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/11/matrix-1.html

WIZ550io+ATMega328で IoT製作、MQTTも
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/10/wiz550io-1.html

Install mosquitto (over websockets) on Raspberry PI 2
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/10/mqtt-3.html

時刻/天気/ニュースのMQTT配信機能も追加してみました。LED Dot Matrix
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/12/matrix-6.html

# 関連まとめ [IoT な電子工作まとめ]
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/11/iot-matome.html


コメント

FACEBOOK

人気の投稿