head

2016年3月8日火曜日

esp8266 工作してみる編



技適を取得している esp-wroom-02の
組立等の内容です。

長期間 放置していた、esp-wroom-02を
ハンダづけして、ブレッドボード実装してみました。

# 配置 (ブレボ 通常サイズ)、おおまかな
電解コンデンサ= 1000MF(micor F)

# レイアウト:

上からの図
ブレークアウト基板は、aitendo さんの18ピン ( 9×2 )


# ミニ基板 上面からの図


# SoC 下の配線
RST抵抗の切断長さを適正にしないと、
チップ下に当たる感じでした。


# 配置 ( ミニ )


# EAGLE 、PCB回路図:見直し中/ 動作確認未です。


# 配置



# 周辺デバイス:  
UART通信可能な、ATMega, RasPi 連携のデバイスも連携してみました。

 RGBランプ - IoT


点灯した図


アクリル台に配置した図

# マトリックス(電光掲示板) - IoT

点灯中


少し上からの図

# アクリル台に配置した図


# 7セグ4桁+ 温度センサ


# 7セグ 2桁+ 温度センサ



# まとめ
あまり技術的な内容もなく、、 軽めの記事となってます。
今後も Soc等と連携した、企画も増やしていければと思います。
*) 未入荷(輸送中らしい)の周辺デバイス-開発中基板
も入荷後、追加したいと思います


# 参考の記事
ESP-WROOM-02のファームウェアを書き換えた場合、技適はどうなるのか
http://mag.switch-science.com/2016/01/20/esp-wroom-02_telec/

# 関連の記事
esp8266(esp-wroom-02) WIFIの接続テスト
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/08/esp-wroom-02-01.html

PCB基板実装編、デジタル温度計
http://knaka0209.blogspot.com/2016/03/7seg-3-pcb.html

PCB基板実装、時計/温度
http://knaka0209.blogspot.com/2016/03/7seg-4-pcb.html


# 関連のまとめ
IoT な電子工作まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/11/iot-matome.html

アグリ系なシステム。開発者向け記事まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2015/04/agri.html


0 件のコメント:

コメントを投稿

google colaboratory お試し編 、GPUも使える機械学習の環境構築

前回続き、機械学習の関連となります。 開発環境まわりの内容となり。先人様の情報を元に調査しました。 google colab(google colaboratory) を試してみました。機械学習系の いくつかのライブラリがインストール済みで、 クラウド上で、ある程度機械学...

AD-parts

Shop
Bluetooth搭載
ベース基板

Social