tweet

7セグ+ DHT11 搭載シールド、お試し編



前回の、UART接続での7セグ+ATmega328 に似た構成になります

温度湿度 DHT11センサーと、組み合わせて。
小型でesp8266シールド風な基板を、試作してみました。

センサー値取得機能と、クラウド送信に加えて
表示系は、LEDの7セグ4桁を搭載しています。
7セグの下側にホストMCU(ATmega328P)を配置し、
センサーの制御を行い、取得した値を7セグに表示。
Deep Sleepモードで 省電力化し、電池駆動もできるような仕様としています。

# 動画


#回路/ 配置
7セグの内側に、ICソケットを配置。その上に ATmega328P装着
しています。




# 温湿度のログ


# 概観、シールド組立て前


16番の Deep Sleep配線は、手ハンダでリード線を結線しています。





# 回路図- EAGLE file (EAGLE 7.5)


# まとめ
7セグは、夜間などくらい部屋でLEDの光で
文字が見えやすい為、ドット数は少ないですが
数値程度であれば、安価なモノクロ LCDより
はっきり見える感じはします。

電池連続稼動は、前回 アナログ温度センサ版で、
単三の3本で、104H 程でしたので
今回は4本でテストしたいと思います。 130%程度は稼動時間 伸びそうです。


# 関連のブログ
Deep Sleepで、7セグ+ LM60BIZ センサー、電池駆動


# 関連のまとめ
IoT な電子工作まとめ






コメント

FACEBOOK

人気の投稿