tweet

RN4020 BLE + Atmega328, 省エネ改良版




前回の、RN4020 BLE/ atmega328+ esp32(BLE中継機) 
の続編となり省エネ対策版です。
先人さまの情報を参考に、省エネ化の仕様を検討しました。



# thanks / 参考のサイトさま

Arduinoをスタンバイ状態からウォッチドッグタイマー割り込みで復帰させる
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-447.html




[ 改良/結果]
atmega328:
待機時 : 0.17 mA ( 170 uA) ,前回  4mA
BLE送信時 : 約4mA , ( 前回と同じです )
*) センサ/ 電源IC 等が含まれ、やや誤差があります。

RN4020 BLE:
待機時:ほぼ0A, 前回 約16mA
*) トランジスタのスイッチ機能追加で、電力下がりました。

基板全体:
待機: 0.17 mA , 前回 約20mA
BLE送信時: 変更なし

*) 待機時で、1/100以下まで、大幅に下がりました!
(自分的に 3V回路で 省エネ-ベスト記録です。)
 電池の連続稼動時間で、期待できそうです。

[改良]
1) BLE電源の投入タイミング変更
 トランジスタ(増幅回路)を追加し、BLE 送信前に5V投入(ON)
 送信完了後 OFF
2) Atmega328 の SLEEP_MODE_PWR_DOWN 機能を使いました。
 スリープ突入後、 WDT (Watchdog timer)で起動されるらしいです。
 この回路で、単体 Atmegaの消費電力は 5mA前後でした、0.0275mA ぐらいまで、
 このモードを使うと下がるらしいので、1/200 ぐらいの電力で動作しているようです。


# 概要図 (前回と同じ )



# 待機時の、電流測定
 0.17 mA でした。( 5Vライン、 LDOの手前)




#Log/ thingSpeak



# 配線
A0 : LM60BIZ
D8 : 2SC1815GR /トランジスタ
D5/D6 : RN4020 (softwareSerial)

*) LDO 出力側、 3V3 /100mA 程度。
*) トランジスタの、
ベース側抵抗= 10K (R1/R2)
出力側(コレクタ - エミッタ間) : 5V /45mA 程度で調整してます。

#  追加した部品、 2SC1815GR
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00881/



=== 2017/07/11 ===
回路図を追加しました。


PDF回路図:
https://github.com/kuc-arc-f/ble_adv_bridge_RN4020/tree/master/schematics_breadBord

=======



# driver (BETA)
https://github.com/kuc-arc-f/ble_adv_bridge_RN4020

*1) BLE Central 側は、前回と同じです。
=== 2017/07/11 ===
Raspberry Pi版 ,BLE server も追加しました。
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/07/raspi-5-BLE.html

=======


*2) atmega省電力関係のみのコードは、上記のradiopench
 さんのページを参考頂ければ、わかりやすいと思います。




# 参考/ NPN トランジスタ
http://www.iccraft.com/basic/driver/npn_oc/

# 関連
RN4020 BLE, ESP32 WIFI BRIDGE 接続編
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/05/esp32-13.html



# BLE -IoT関連まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/07/BLE-matome.html


# esp32 関連まとめ
http://knaka0209.blogspot.jp/2017/06/esp32-matome.html





コメント

AD-parts

Shop
Bluetooth搭載
ベース基板

FACEBOOK

人気の投稿